カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.12.11 Sunes [movie]

es_thumb.jpg
被験者求む。模範刑務所で2週間の心理実験。報酬は4000マルク。

30年ほど前、スタンフォード大学心理学部でひとつの実験が行われた。それは公募で集まった人間を看守役と囚人役に振り分け、模擬刑務所内においてそれぞれ与えられた役割に従って行動させ、肩書きや役割が人間の行動に与える影響を調べるというもの。しかし、看守役の被験者は次第に支配的、攻撃的に、囚人役の被験者たちは受動的、服従的になっていき、ついには囚人役の何人かが重度の情緒不安定に陥り、当初2週間の予定だったこの実験は6日で中止となってしまった。以後、こうした実験は倫理的に問題が大きいために全面的に禁止されている。本作はこの有名な心理実験を基に描いた問題作。スタンフォード大学心理学部ではある実験をするため、被験者となってくれる男性を公募した。集まった20名ほどの被験者は無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられ、学内に設けられた模擬刑務所に収容された。初めはそれぞれの役を演じるだけの簡単なアルバイトと誰もが考えていた。しかし、実験が進むうち、「看守役」の攻撃的な振る舞いはどんどんエスカレートしていく。それに対して、「囚人役」は卑屈に服従するのみで、まったく抗議できなくなっていく。いつしか、模擬刑務所内は単なる実験の枠組みを越えて、もはや誰にも制御不能の状態に陥っていく。→es

人間は弱い。外界からの遮断環境と少しの地位。この映画のようにそれを与えられたとしたら、誰もが豹変してしまうものなのか。私も同じ状況に身を置いたとしたら、あのように自分をコントロールできなくなってしまうのか。多くを考えさせられた。30年前に行なわれた実際の実験では、幸いな事にシュッテような死者は出ていない。しかし重度の情緒不安定に陥るほど精神的に追い込まれてしまうこの恐ろしい実験は、今後行なわれる事は無いだろう。それがいい。
スポンサーサイト
posted by:21:29 trackback:0 comment:0 

2005.12.11 Sun笑の大学 [movie]

B0002XVTCS.09.LZZZZZZZ.jpg
1人は笑ったことがない男、1人は笑いに命をかける男。

時は昭和15年、戦争への道を歩み始めた日本。国民唯一の娯楽である演劇が規制され、台本も上演前に検閲を受けなければならなかった。そんな時代に、警視庁の取調室で2人の男が出会う。1人は笑ったことがない男、検閲官の向坂睦男。そしてもう1人は笑いに命をかける男、笑の大学、座付作家の椿一だった。 「笑」を排除するための検察官の要求を素直に聞き入れ、椿が手直しすればするほどに、悲しくも笑える台本にしてしまうのだが。→笑の大学

映画館では笑い声(爆笑)が絶えなかったと聞きます。もし私もこの映画を映画館で見たとしたら、また違った感想を持つことができたのかもしれません。でも私はDVDで見てしまいました。おまけに部屋を暗くして1人でひっそりと見てしまったのです。そのような見方をした私なりの感想を言います。最終的に「何で?」と疑問が残ってしまう映画でした。前半から中盤にかけては「笑い」が随所に散りばめられていて、こんな「笑い」のみに拘った映画があってもいいかもしれない。そう思いながら「くっくっく」と楽しみながら見ていたのですが、後半に入り事態が急変した時に、別にわざわざ「お涙頂戴」にしなくてもいいんじゃない?といった疑問が出てきてしまって、いつものように引いてしまいました。その「お涙頂戴」も、時間の取り方が短かすぎたのではと思います。「笑い」の時間が長かっただけに、いきなりの変化についていけなく、もうその辺りから見る気がすっかり失せてしまいました。しかしここで繰り広げられた2人の「笑い」。十分に楽しむ事ができたのも事実です。役所さんは文句のつけようがないほど笑わしてくれたし、三谷幸喜氏が拘った稲垣吾郎もとてもよかった。ただ最後だけ、私の中で残念な結果に終わってしまいました。
posted by:13:55 trackback:2 comment:3 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。