カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2006.01.18 Wed東京奇譚集 [村上 春樹]

10002144884.jpg
あなたの近くで起こっているかもしれない物語。

奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語。話題の四作品に、書き下ろし「品川猿」を加えた最新作品。

ここでは印象に残る「品川猿」について話そうと思う。出だしからとてもよかった。名前を忘れてしまう主人公。その糸口を探そうとしている不思議な区役所の相談係。2人の会話。主人公の過去。流れ。テンポ。なんの疑いもなしに集中させられた。途中、何かの謎を解くものかと期待していただけに、裏切られた気持ちになってしまったのは事実だが、ああこれが村上春樹なんだと納得し、最後まで読み進めることができた。しかし私としたらアフターダークを好むばかりに、少し寂しさが残る結果に終わってしまった。確かにいいものはいいが、この気持ちはなんだろう。よくわからないでいる。それはこの「品川猿」だけに思うことなのである。
スポンサーサイト
posted by:01:21 trackback:3 comment:12 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。