カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2006.05.07 Sun椿山課長の七日間 浅田次郎 [book]

20060507223027.jpg
やり残したことが多すぎる。このまま“成仏”するわけにはいかない。

激務がたたり脳溢血で突然死したデパートの中年課長が、たった7日間の期限つきで現世に舞い戻ってくる。ただしみずからの正体を明かすことは許されず、39歳の独身美女の姿を借りているため、行く先々で珍騒動が巻き起こる。家族に、仕事に、やり残したことをやり遂げ、主人公は無事成仏できるのか。行動をともにするやくざの組長と小学生の物語をからめつつ描かれる。

最初は面白く入っていく。そして中だるみし、最終的にやっと終わったかといった感じ。やたらごちゃごちゃしているが、それが気持ちのいいように解かれない。だったらむしろシンプルに、主人公椿山だけの物語が読みたかった。もっと現実的に。いや無理なのは承知で。笑。
スポンサーサイト
posted by:22:40 trackback:0 comment:0 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。