カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2006.12.25 Mon陰日向に咲く 劇団ひとり [book]

4344011023.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg
アメリカ兵をぶん殴った話。

ホームレスにあこがれて本当のホームレスになってしまうサラリーマン、いわゆる秋葉系のアイドルおたく、男に遊ばれる自称カメラマンの卵の20歳の女の子、ギャンブルで借金まみれの中年男、浅草のストリップ劇場の売れない芸人。タイトル通り、“陰日向に咲く人々”を描いた素敵(すてき)にいじらしい5編からなる連作短編集。

彼の芸風そのままが小説になったような作品。短編の中でさらに章分けされている細かさにもかかわらず、全ての物語が少しづつ繋がっていき、一つの大きな物語となる。彼の神経の細やかさが伝わる。とても処女作とは思えない。慣れた仕事のように思う。しかし全編全章において少々解かりづらいところもある。次の作品では的確に的を示してほしい。それまでは迷路でもかまわない。単純なほど難解なのだ。私のような馬鹿には。
スポンサーサイト
posted by:09:35 trackback:1 comment:0 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。