カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2009.10.05 Monハゲタカ [movie]

hagetaka500.jpg


こんな国に、だれがした。

かつて徹底した合理主義で幾多の企業を買い叩き、“ハゲタカ”の異名をとっていた鷲津政彦(大森南朋)。相変わらず閉鎖的で不透明な日本のマーケットに絶望し、海外生活を送る鷲津の元へ、盟友・芝野(柴田恭兵)が訪れる。芝野は、日本有数の大手自動車会社に対する、豊富な資金力を持つ中国系巨大ファンドの買収を察知し、鷲津にこの危機を救ってほしいと頼みに来たのだ。この巨大ファンドの命を受けたのは、“赤いハゲタカ”劉(玉山鉄二)。かつてニューヨークで鷲津のもとで働いていた男だった。大手自動車会社に買収を仕掛け、鷲津に真っ向から戦いを挑む――。“日本買収”ビジネスをめぐる二人の男の野望と挫折を描いた傑作TVドラマが映画化。史上最大のマネー戦争がいま、始まる。

当初はもっと早く公開される予定が、昨年のアメリカのサブプライムローンショックなどにより、ドラマの背景となった経済状況が劇的に変化したことを受け、撮り直し。

映画化するほど内容は濃くない。誰が見ても解りやすいよう作られている。ドラマファンは物足りない印象を受けるだろう。内容も上手い様小振りに纏まる。鷲津政彦、劉一華の戦いにも深みは感じられない。期待が非常に大きいだけに残念な作品に終わる。だが愛国心を最後まで訴え続けたこの作品は、今の日本に最も必要なのかもしれない。

もう新しい鷲津政彦に会えないのが悲しい。
スポンサーサイト
posted by:19:22 trackback:0 comment:0 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。