カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2008.06.10 Tueプラダを着た悪魔 [movie]

b7510f311aaa6a193fff99855464da8b.jpg
君の変わりは5分で見つかる。

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上センス、ゼロ!!と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?

ゾクゾクとさせる映画。全てが心に残る。女性が見なくてはいけない作品。ただのサクセスストーリとは違い、心を抉られる。こんなときに文章能力が下手だと、どう伝えていいのか困ってしまう。

アンディは本当の目的とは外れた就職をするものの魅了されていく姿を映す。それを周りの仲間は異物ととる。映画を見る限り、私としてはアンディが非常に可哀想でならなかった。理解者がいない状況で自分を捕らえてとは無理がある。どちらかといえばエミリーに好感を持てる。彼女は憎まれ口を叩くがアンディの邪魔は一切しなかった。というよりも、この映画に登場する人物は全て良い人だ。それが尚良い。エミリーのダイエット中の言葉は非常に好感が持てる。シュウウエムラの名が出た時は少し笑った。ファッションは最高。羨ましい。ミランダの台詞も心に残る。そのブルーを作ったのは?ドルチェさんのスペルは?彼女は本当に美しくなる。
posted by:02:53 trackback:0 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/100-2311a1b6


Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。