カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.12.04 Sunへんないきもの 早川いくを [book]

book8.jpg
どうしてこんなに変なのか。

世界にうごめく、珍妙で奇怪な生き物たち。そのあまりの珍妙ぶりに思わずほくそ笑む。軽妙な語り口の、おかしな生き物の本。マジメな図鑑とはひと味もふた味も違います。驚くことにすべて実在する生物です。みなみのしまのあくまだよ、アイアイ。危ない海の宝石、アミガサクラゲ。軟体の鬼畜、イシガキリュウグウウミウシ。深海で笑う者、オオグチボヤ。ぼくとつな名前の超生命体、クマムシ。血の風船、ヒメダニ。進化論の目の上のコブ、ヨツコブツノゼミ。エイリアンの干物、ワラスボ。読んでいくうちに、なぜかかわいく見えてくる。そんな「へんないきもの」たち。

足が85本もある「蛸」が三重県沖で捕れたそうです。85本の足全てをフル活用し、おでんを作って、食べてみたいと思いました。それともやはりたこ焼きでしょうか。悩むところです。あなたは不死身の「くまむし」を知っていますか。高熱にも絶対零度にも、真空にも乾燥にも、6000気圧もの高圧や放射線にさえ耐えることができ、尚且つ100年以上生き続けることができる、そんな「くまむし」です。変な生き物たちのグロテスクな絵と細かな説明により、私たちが容易く想像することができるように書かれています。大人が読んでも面白い本だと思います。いや素晴らしい。
posted by:13:23 trackback:0 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/30-5ac5cb4b


Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。