カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.11.26 Satピアッシング [村上 龍]

7_1.jpg
殺人衝動を持つ男と、自殺願望のある女の出会い。

殺人衝動を持つ男は、幼い時に母親から残虐な虐待を何度となく受けていた。その後施設に入り、男は大人になった。そして結婚し自らの子を作る。しかし男はその生まれたばかりの赤ん坊を、アイスピックで刺したくてしょうがなくなる衝動に心が犯され始める。このままでは、自らの子を間違いなく刺してしまうと思った男は、別の人間をアイスピックで刺す計画を綿密に練り始める。男は娼婦をホテルに呼び出し刺す事に決めた。計画は完璧な物でなんのミスもないはずだったが、出張マッサージで呼び出した女は、乳首にピアスを刺している自殺願望のある女だった。

私は男の事をなんて残虐で、なんて冷たい男だろうと思いながら読み始めた。けれど読み進めていくうちに、いつのまにか男に同情していた。男は可哀相だったし、哀れでしょうがなかった。娼婦の女の事も、最初は頭がおかしい女としか見ていなかったが、読んでいくうちに女の素直でかわいい所、寂しさ、嫉妬、衝動、いろいろな感情が露出し、私はその女に好意を持つようにもなった。かわいい人だと思った。物語としてはサイコな感じだろうが、男と女が勘違いしている場面は面白くつい笑ってしまったし、女の一方的な男への思いは、もしかしたら恋愛感情だったのではないかと考えてしまった。でもやはりサイコか。男の幼い時の虐待は読んでいて気分が悪くなったし、女も自分自身を切りつけていた。あとがきで村上龍氏は「この男と女は普通の人であり、誰でも起こり得ること」と書いている。私はうまく言えないが、虐待を受けていた子供の心と脳に残る傷は、自分への自虐精神だと思う。子供達はすべて自分が悪かったのだと思っている。自分が悪かったから殴られたのだと思っている。母親父親はどこも悪くはないと思っている。好かれたいと思っている。笑ってほしいと思っている。しかしその後を脅えている。なにかあると疑っている。逃げたいと思っているが、仲間に入れてほしいとも願う。いつになったら虐待はなくなるのだろう。無念です。大人は昔誰でも子供だったはずなのに、忘れてしまうのだろうか。
posted by:09:38 trackback:0 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/38-330af697


Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。