カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.12.08 Thuノルウェイの森 [村上 春樹]

book13.jpg
死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルグ空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの「ノルウェイの森」が流れ出した。僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱していた。彼らの求めていたものの多くは、既に失われてしまっていた。もうそこから進むこともできず、戻ることもできない、暗い森の奥に永遠に。

夢中で読みました。一心不乱に読みました。とても面白かったし、切ない。とても切ない。こんな恋愛は無理だと考えてしまった。苦しすぎるし、孤独すぎる。村上春樹氏の描写は素晴らしいものがある。それは目をつぶって読みたいほど。もちろん私は読みながら、行ったことも見たこともない場所の想像しているのですが、私の頭の中では「僕」が見ている全てが映し出されていたし、その場所で横切った風や、景色の美しさだとか、闇の暗さだとか、月の明るさだとか、髪から香る匂いだとか、僕と直子がただ歩く町並みだとか、いろいろな感覚を味わうことができました。

「君が大好きだよ、ミドリ」
「どれくらい好き?」
「春の熊くらい好きだよ」
「春の熊?」と緑がまた顔を上げた。「それ何よ、春の熊って?」
「春の野原を君が一人で歩いているとね、向うからビロードみたいな毛なみの目のくりっとした可愛い子熊がやってくるんだ。そして君にこう言うんだよ。『今日は、お嬢さん、僕と一緒に転がりっこしませんか』って言うんだ。そして君と子熊で抱き合ってクローバーの茂った丘の斜面をころころと転がって一日中遊ぶんだ。そういうのって素敵だろ?」
「すごく素敵」
「それくらい君のことが好きだ」
posted by:10:07 trackback:3 comment:18 

2005.12.10 Satこんにちはー

なつさんですね、トラックバックから訪問させて頂きました。
素敵なHPですねー。
ちょくちょく寄らせてくださいね。
posted by:09:30 てるぴ []  *edit 

2005.12.10 Satてるびさん

ありがとうございます。

特に何も無いのですが、また遊びに来てくださいね。
posted by:10:33 ナツ []  *edit 

2005.12.10 Satめくらやなぎと眠る女

書き直しでレキシントンの幽霊の中にも収められていたと思いますが、なかなかの佳作です。「蛍」も好きなんですが、この作品もノルウェイの森へと繋がっているのだと思います。

なつさんは瞳の綺麗な可愛い女性ですね。清楚な顔立ちがこのHPに似合ってます。
posted by:14:01 てるぴ []  *edit 

2005.12.10 Satてるびさん

「蛍」を長編にした作品が「ノルウェイの森」だと、聞いた事があるような、ないような。あやふやですみません。しかしそんな誉めてもらうと心苦しいです。毎回大変なんですよ。写真の加工(爆
いや素直に嬉しいです。ありがとうございます。
posted by:16:18 ナツ []  *edit 

2005.12.11 Sun

トラックバックありがとうございます!!拝見させてもらいます
posted by:23:58 kazuo []  *edit 

2005.12.12 Monkazuoさん

コメントありがとうございます。
何も無いですが、拝見していって下さい。笑。
posted by:08:29 ナツ []  *edit 

2005.12.12 Mon

はじめまして。素敵なBlogですね。トラックバックこちらからもさせて頂きました。村上春樹さんを読むと切なくて辛くなります。男性の思考回路なのに、どんどん心の中に入ってきて残していきます。また遊びにきますね。
posted by:22:33 fiore_march []  *edit 

2005.12.12 Monfiore_marchさん

コメントありがとうございます。
さらにお褒めの言葉、照れますな。ありがとうございます。嬉しいです。

そうですよね。なんて素敵な文章を書く人なのだろうかって、読めば読むほど感動してしまいます。毎回毎回、またやられたー!って感じにもなります。笑。私もまた遊びに行きます。これからもよろしくお願いします。
posted by:22:47 ナツ []  *edit 

2005.12.17 Satトラックバックありがとうございます

村上春樹の作品の中で初めて読んだ作品はノルウェイの森でした。すばらしかったです。
これからもよろしくお願いします
posted by:19:10 かんこ堂 []  *edit 

2005.12.17 Satかんこ堂さん

本当に感動しました。
私が一番最初に読んだ作品は「風の歌を聴け」でした。そして今もまた読み返していますが、何度読んでも素敵です。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
posted by:19:25 ナツ []  *edit 

2006.01.23 Mon

なつさんこんにちは♪
僕のHPをちょっと変えてみました。
出来ればなつさんのHPをリンクさせて戴きたいのですがよろしいでしょうか?
posted by:12:11 てるぴ []  *edit 

2006.01.23 Monでるびさん

あれ、てるびさんのHPアドレスがないですよ。笑。
posted by:13:06 ナツ []  *edit 

2006.01.23 Mon

すみません、これがアドレスです。
勝手にリンクさせちゃ申し訳ないと思い、了解を戴こうと思ってました。
posted by:19:12 てるぴ []  *edit 

2006.01.23 Monてるびさん

いえいえ、こちらこそお手数かけさせてしまい申し訳なかったです。リンクお願いします。こちらからもはらせていただきます。
posted by:21:02 ナツ []  *edit 

2006.03.21 Tue

こんにちは。
ご訪問コメントありがとう。
ノルウエィの森中学校の読書感想文で
感想を書いた記憶があります。
中学生の僕には少し早かったような
気がします。
でも意外とすんなりと読めました。
69っていう名前?の小説も呼んだ記憶があります。
posted by:21:31 豊福 []  *edit 

2006.03.21 Tue豊福さん

コメントありがとうございます!
確かに盛んな、というか思春期?発情期?の中学性、間違えました。中学生には早すぎるかも、、、。笑。69だったらいいかな。悩。
posted by:22:31 ナツ []  *edit 

2006.03.23 Thu

おはよう!ナツさん
69は名前がすこしHだけど、
たしかこっちも読書感想文
書いた記憶があります。
中学生の時は知らなくて、
本屋で、学校の感想文に使える本のリスト
を見て、店員さんに大きな声で
69ください!といったら店員さんが
困ったようなにやにやしたような
顔していたのを覚えています。
posted by:08:15 豊福 []  *edit 

2006.03.23 Thu豊福さん

コメントありがとうございます!
69の読書感想文。読みたかったですねえ。私だったらどう書くのか、思わず考え込んでしまいました。笑。しかし店員さんもさぞ困ったことと思います。私だったら、、、、どうするだろう。とりあえずエッチな本の場所に連れて行きます。さらに笑。
posted by:23:26 ナツ []  *edit 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/40-e97110ab

2005.12.10 Satノルウェイの森~読書感想文~

はて。 変な夢ばかり見ていて、んもう夢がうざったいので、こんな変な時間から起きているはなです。 一時の早朝覚醒に比べれば、格段に良いのだろうけれど。 ノルウェイの森は20歳位の男性が主人公です。 彼は大切な者を2度失います。 彼の、親しかった友人(キズキ君)
posted by:05:50 Diary~*Asterisk Saraband~ 

2005.12.12 Monノルウェイの森

発表会を目前に控えて、かなり疲れてきています。体のあちらこちらがじんじんしていて筋肉が疲労しているんだろうなと分かるくらいに。こういうときに、毎週のレッスンと毎日の腹筋は役立っているんだろうなぁと改めて感じます。きっと、今までがなかったら階段も上れないほ
posted by:22:23 Liberta 

2005.12.19 Monノルウェイの森

ノルウェイの森お勧め度:★★★★★タイトルと内容にかなりのギャップがあります。そして綺麗な画像探すのに手間取りました…赤は劣化しやすいですね。大学の休みに実家
posted by:17:03 読書の空 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。