カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.11.27 Sun青の炎 [movie]

B00008NWAC.09.LZZZZZZZ.jpg
こんなにも切ない犯罪者が、かつていただろうか。
秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手に秀一は自らの手で殺害することを決意する。そう、それは完全犯罪であるはずだった。→青の炎

びっくりしたのは松浦さんですね。いつものキャピキャピ感はどこにもなく、すこぶるシリアスな表情を崩さず演技していました。しかもこれがなかなかどーして、かわいくもあり、不思議でもあり、少し怖さも感じさせるような役どころでしたが、きちんと演じれていたような気がします。なんだろ、この「こんなにも切ない殺人者が、かつていただろうか」って文句。確かに切なかったんです。これがなかな深い世界を出していたような気がします。少年の覚えていない幼少のころの記憶。そのときに書いたライオンの絵。自分だけで何とか問題を解決しようとし、妹と母親を守ろうとするあまり殺人を犯してしまう。それは正しいことなのかと葛藤する少年の心と、でもそうせざるを得ない少年の心の奥にある暗闇と光の合間合間を綺麗に出し切れていたと思います。
posted by:21:11 trackback:0 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/43-b32e99e3


Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。