カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.12.12 Mon草木塔 種田山頭火 [book]

book17.jpg
若うして死をいそぎたまへる母上の霊前に本書を供へまつる。

疲れました。でも書きながら再度読むことができて、読むと、書くと、また違った受け取り方ができたような気がします。「鉢の子」とは托鉢の僧侶がその中にお米やお金を喜捨してもらう器で、ふつう「鉢」というらしいのですが「子」を付けて呼ぶのは親しみをこめているらしいです。私なりに山頭火という人物を考えてみました。相当な酒好きと見た。山頭火は24歳に自ら酒蔵を買収し酒造業を始めているし、それよりなによりも、泥酔して進行中の電車を止めてしまったらしい。しかもこれは旅に出る2年前の出来事。もしここでまかり間違って亡くなっていたとしたら、山頭火の草木塔はなかった。そう思うと少しはらはらさせられる。この草木塔に書かれている数々の言葉は言うまでもなく美しい。「分け入つても分け入つても青い山」ここまでの行もあるが、ここでの美しさは誰もが感じると思う。そこには青く美しい山々。素晴らしい。そしてその後、寂しさつのる。

「鴉啼いてわたしも一人」
「まっすぐな道でさみしい」
「どうしようもないわたしが歩いてゐる」

切ないが、私は羨ましい。山頭火は泣いたのだろうか。旅の途中、何度泣いたのだろうか。旅をしながら当然のごとく歳もとる。そこにもまた切なさを感じた。が、私は何故だか羨ましい。寂しさもあるだろうが、自分と向き合える。自分と会話が出来る。その永遠の時間がある。

鉢の子→
松はみな枝垂れて南無観世音
松風に明け暮れの鐘撞いて
ひさしぶりに掃く垣根の花が咲いてゐる
 大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。
分け入つても分け入つても青い山
しとどに濡れてこれは道しるべの石
炎天をいただいて乞ひ歩く
放哉居士の作に和して
鴉啼いてわたしも一人
生を明らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり(修証義)
生死の中の雪ふりしきる
木の葉散る歩きつめる
昭和二年三年、或は山陽道、或は山陰道、或は四国九州をあてもなくさまよふ。
踏みわける萩よすすきよ
この旅、果もない旅のつくつくぼうし
へうへうとして水を味ふ
落ちかかる月を観てゐるに一人
ひとりで蚊にくはれてゐる
投げだしてまだ陽のある脚
山の奥から繭負うて来た
笠にとんぼをとまらせてあるく
歩きつづける彼岸花咲きつづける
まつすぐな道でさみしい
だまつて今日の草鞋穿く
ほろほろ酔うて木の葉ふる
しぐるるや死なないでゐる
張りかへた障子のなかの一人
水に影ある旅人である
雪がふるふる雪見てをれば
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る
食べるだけはいただいた雨となり
木の芽草の芽あるきつづける
生き残つたからだ掻いてゐる
昭和四年も五年もまた歩きつづけるより外なかつた。
あなたこなたと九州地方を流浪したことである。
わかれきてつくつくぼうし
また見ることもない山が遠ざかる
こほろぎに鳴かれてばかり
れいろうとして水鳥はつるむ
百舌鳥啼いて身の捨てどころなし
どうしようもないわたしが歩いてゐる
涸れきつた川を渡る
ぶらさがつてゐる烏瓜は二つ
 大観峰
すすきのひかりさえぎるものなし
分け入れば水音
すべつてころんで山がひつそり
味々居
雨の山茶花の散るでもなく
しきりに落ちる大きい葉かな
けさもよい日の星一つ
すつかり枯れて豆となつてゐる
つかれた脚へとんぼとまつた
枯山飲むほどの水はありて
捨てきれない荷物のおもさまへうしろ
法衣こんなにやぶれて草の実
旅のかきおき書きかへておく
岩かげまさしく水が湧いてゐる
あの雲がおとした雨にぬれてゐる
ここに白髪を剃り落して去る
秋となつた雑草にすわる
こんなにうまい水があふれてゐる
年とれば故郷こひしいつくつくぼうし
岩が岩に薊咲かせてゐる
それでよろしい落葉を掃く
水音といつしよに里へ下りて来た
しみじみ食べる飯ばかりの飯である
まつたく雲がない笠をぬぎ
墓がならんでそこまで波がおしよせて
酔うてこほろぎと寝てゐたよ
味々居
また逢へた山茶花も咲いてゐる
雨だれの音も年とつた
見すぼらしい影とおもふに木の葉ふる
緑平居 二句
逢ひたい、捨炭《ボタ》山が見えだした
枝をさしのべてゐる冬木
物乞ふ家もなくなり山には雲
あるひは乞ふことをやめ山を観てゐる
述懐
笠も漏りだしたか
霜夜の寝床がどこかにあらう
熊本にて
安か安か寒か寒か雪雪
昭和六年、熊本に落ちつくべく努めたけれど、どうしても落ちつけなかつた。またもや旅から旅へ旅しつづけるばかりである。
自嘲
うしろすがたのしぐれてゆくか
鉄鉢の中へも霰
いつまで旅することの爪をきる
呼子港
朝凪の島を二つおく
大浦天主堂
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ
ほろりとぬけた歯ではある
寒い雲がいそぐ
ふるさとは遠くして木の芽
よい湯からよい月へ出た
はや芽吹く樹で啼いてゐる
笠へぽつとり椿だつた
しづかな道となりどくだみの芽
蕨がもう売られてゐる
朝からの騒音へ長い橋かかる
ここにおちつき草萌ゆる
いただいて足りて一人の箸をおく
しぐるる土をふみしめてゆく
秋風の石を拾ふ
今日の道のたんぽぽ咲いた
posted by:13:59 trackback:0 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/52-88399f5e


Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。