カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.12.13 Tueねじまき鳥クロニクル [村上 春樹]

imagesCA51ZFYG.jpg


ねじまき鳥が世界のねじを巻くことをやめたとき。

僕の家から、まず猫が消えた。そして妻のクミコも姿を消した。一人きりになった僕の家に奇妙な電話がかかるたび、平和な郊外住宅地は、底知れぬ闇の奥へと静かに傾斜をはじめる。最愛の妻を取り戻すため、'84年の世田谷の路地裏から'38年の満州蒙古国境まで、駅前のクリーニング屋から意識の中にある井戸の底まで、暴力とエロスの予感に包まれた、地図のない冒険の旅が始まる。世界は闇にのみ込まれてゆく。

第一部~泥棒かささぎ編。
第二部~予言する鳥編。
第三部~鳥刺し男編。

自分探しがテーマの作品。ある些細な事がきっかけで、自分が崩れていくような感じに襲われ、不安になり、本当の自分と他人との関係を探していく。そんな小説だからこそ、もやもやとした気持ちが長く続きます。結局のところ、何に対して置き換えていきたいのか、何に対してここに残したいのか、それすらも解りにくい作品でした。いつもの如く文章回しはとても素敵でしたが、それが随所に散乱しすぎていて、作品自体が長かっただけに、陳腐に思えてしまう箇所も少なくはありませんでした。何が明かされて、何が明かされてないのか。加納姉妹は何処へ。「綿谷昇」というこの作品で最も重要な男のイメージが、最後まではっきりと沸きませんでした。鳥刺しでは全てが曖昧なまま終わり、とても残念な気持ちが残ります。
posted by:16:59 trackback:10 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/53-e42a82a7

2005.12.13 Tue村上春樹 「ねぎまき鳥クロニクル 第三部 鳥刺し男編」を読む

 村上春樹「ねじまき鳥クロニクル・123部を読み終えた。  やっと終わった、やれ
posted by:19:16 幸田回生 

2005.12.13 Tue『ねじまき鳥クロニクル』 シュビ一貫性についての考察

そーいや昨日の投稿にはこの本自体のないようについての言及がほとんどねー。今度こそレビュー、というか感想、というか考察です。すべては書ききれないので、あくまで一部です。本文中、笠原メイはこんなことを言っています。記憶もうつろでかなり要約しますが。...
posted by:19:27 世界の片隅から・・・。 

2005.12.13 Tue村上春樹 再掲No8 ○「ねじまき鳥クロニクル」第1部~3部

本の話題で最近“へえ、そうなんだ”と感じたニュース。『世界の中心で、愛をさけぶ』が200万部を超えた話。いやそれ自体は不思議ではない。きっとみんな、F1レーサーの片山右京が書いたのだと勘違いして、読書好きとF1好きと片山右京モデルの自転車の所持人とかが間違っ

2005.12.13 Tue村上春樹のことども

  ◎ 『風の歌を聴け』   ○ 『1973年のピンボール』◎◎ 『羊をめぐる冒険』  ○ 『中国行きのスロウ・ボート』  ○ 『螢・納屋を焼く・その他の短編』◎◎ 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』◎◎ 『ノルウェイの森』◎◎ 『ダンス・ダンス・ダ

2005.12.13 Tue「ねじまき鳥クロニクル 第3部 鳥刺し男編」 村上春樹

帰って来た猫 顔のあざ をキーポイントに第3部も展開していきます。岡田トオルをとりまくさまざまな人達と出来事が 一章ごとに交差し絡み合い、繋がりを帯びてきていった
posted by:22:46 ぼちぼち読書 

2005.12.14 Wed村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」三部作

村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」(新潮文庫)〈第1部〉泥棒かささぎ編・〈第2部〉予言する鳥編・〈第3部〉鳥刺し男編本は読んだ人の数だけ異なった感想がある。同じ本を読んでも相反する意見、解釈、感慨を抱くことはままあるだろうし、それらが果たして作者の意図どおり
posted by:02:13 make myself just as hard 

2005.12.14 Wed「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹

ねじまき鳥クロニクル 第1部村上 春樹〔著〕 ねじまき鳥クロニクル 第2部村上 春樹〔著〕ねじまき鳥クロニクル 第3部村上 春樹〔著〕1年くらい前に書いた感想ですが何書いてるのかわかりません。村上春樹氏の本は大好きですが感想がうまく書けないというジレンマにいつも
posted by:02:15 本を読む女。改訂版 

2005.12.14 Wed「ねじまき鳥クロニクル」を読む

だいぶ前に買った本ですが今日読み終えました。 決して読みやすい本ではないです。...
posted by:23:18 カラテスタイル 

2005.12.14 Wedねじまき鳥クロニクル/泥棒かささぎ

を久しぶりに読む。なんだろう?このグサグサとのどに刺さる小骨のような感じは。それは、大きな痛みではないが、確実に気になるし、痛い。本当に久しぶりに読む。…。29。泥棒かささぎがどんな曲か気になり、検索してみた。泥棒かささぎ → la gazza ladra Rossiniで
posted by:23:45 記述的日常駄文 

2005.12.18 Sun村上春樹『ねじまき鳥クロニクル 第3部 鳥刺し男編』  93点

(新潮文庫、1995)2005年6月23日(木)(p344「シナモンのミッシング・リンク」より抜粋) それは事実は真実ではないかもしれないし、真実は事実ではないかもしれないということだ。(p347、同上より抜粋) ものごとはまるで三次元のパズルのように複....

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。