カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2005.12.15 Thuアビエイター [movie]

avi1_2.jpg
すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。

18歳で亡き父の石油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年、21歳の彼は、その莫大な財産を全て注ぎ込み、航空アクション映画「地獄の天使」の製作に着手。30年に同作を完成させると大ヒットを記録し、ハワードは一躍ハリウッド・セレブの仲間入りを果たす。やがて、人気女優キャサリン・ヘプバーンと出会い、2人は恋に落ちる。彼はその後も次々とヒット作を生み出す一方、航空会社TWAを買収し、自らの操縦で世界最速記録を次々と更新するなど、大空への夢も実現させていくが。→アビエイター

この映画は日本人に馴染み少ない「ハワード・ヒューズ」という実在する人物の波乱に満ちた半生を描いた伝記ドラマ。アカデミー賞を最も多く受賞した作品にもかかわらず「駄作」といった評価が多く見られる作品でもある。その理由として「共感出来ない」といった意見が上げられているが、そりゃ出来ないだろうと。18歳で油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪になり、その後は映画製作、ハリウッド女優達にプレイボーイと名が知られ、自らも設計に携わった飛行機に乗り世界最速記録を更新。我々一般庶民が共感できるわけがない。主演兼製作総指揮のレオナルド・ディカプリオに批判的意見も多いが、私としては(個人的に好きなひいき目もあるけど)ディカプリオは素晴らしくよかったと思う。タイタニックが絶頂期というより、タイタニック以降の作品でどんどん彼の良さが際立ってきている気がする。ヒューズのエキセントリックな性質を出そうと、ぼろぼろになりながらの熱演は十分に魅せたし、あの少年のような声を変に意識することもなかった。むしろそこにギャップを感じ、大人から子供の顔をちらちらと覗かせ何とも言えぬ魅力を感じさせる。神経質に手を洗いすぎて手を切り、服のシミをみつけ腰をかがめてトイレの洗面台で洗うシーン。あそこなどは悲しくて涙が出そうになった。ヒューズのたった1つの弱さを上手く演じたディカプリオの、役者としての力量が久方ぶりに証明された嬉しい作品。監督の手腕、役者陣の演技、美術セットや衣裳デザイン、飛行機のCGなど、本作の完成度はとにかく高い。ケイト・ブランシェットの存在感も忘れてはいけない。ただ1つ言うなれば、2時間40分は確かに長い。笑。
posted by:16:50 trackback:19 comment:6 

2005.12.15 Thu

これは、わたしも中だるみしたわけでもないけれど、二回にわけてみました。
やっぱり、中だるみかもしれん・・・。
ぐいぐい引き込む演出じゃないので、そうなったと思います。
が、たしかに、タイタニックよりもいいと思いました。
ハワードヒューズがそんな潔癖性なのかどうかは知りませんが、
潔癖性なのはよくわかったし、共感できました。
実のところ、トイレで手を洗ったあとに、洗ったかどうかわからない手で触れられた、ドアノブにさわるのは、わたしも躊躇します。
あれが、脚本にあったのか、どうか・・・。

今、ふと見たら、さすがに大作だけあって、いっぱいコメント付いてたんですね。

かあなり、あの潔癖性の描き方は、彼の指導なのか、どうなのかは知りませんが、納得のいく描写だと思います。
あそこまでひどくありませんが、十分理解できるのです。
そのあたりに批判的な意見があるために、不評になったのであれば、ちょっと残念ですね。

映画としては、長すぎ!というわりに、食い足りない気分で見終わりました。
最後が大成功でも大失敗でもなんでもないところなのが映画、見せ物としていまいちなのかなぁと思います。
実際、タイタニックも私からすれば、中途半端。
ディかプリオの演じた人物は、奇跡的に生きていて、再会するのがいいかとか思ったりします。
これは、すごい個人的な嗜好ですけど
posted by:22:08 hiraikun []  *edit 

2005.12.16 Frihiraikun

おはようございます。( ・д⊂ヽ゛
私は中だるみというか、前半だるみしました。中盤から後半にかけては引き込まれるように見入っていましたが、確かに長いですよね。実在するヒューズもかなりの潔癖症だったようです。彼が部屋に閉じこもる事も(実際はあの部屋の中で亡くなったらしいです)、部屋ではずっと裸だったという事も事実のようです。最後、幻覚なども見えていましたよね。見ていて怖くなりました。私もヒューズまでいかずとも、潔癖症のくせというか、少なからずあるんですよね。だからヒューズの気持ちが解る気がしました。自分に確固たる拘りを持った人(私も含め。笑)というのは、潔癖症に陥りやすいと私は思います。でもあれは誰でも嫌なんじゃないのかな。グラスに指紋、トイレのドアノブ(特にべたべたになった)、自分の持ち物を触られる、自分を触られる。私は考えただけでぞっとします。例を上げるとしたら、私が使っている椅子には誰も座らせませんし、触らせません。座っていたら激怒します。笑。

あ、タイタニックの意見大賛成です。
posted by:08:38 ナツ []  *edit 

2005.12.16 Fri

TBありがとうございました。
日本ではアカデミー賞授賞式以後に公開されたので話題性もたっぷりでかなり期待していたのですが、蓋を開けてみるときれいに賛否両論に分かれた作品でしたね。上映時間は、確かに長く感じました(苦笑)
posted by:17:35 がりゅう []  *edit 

2005.12.16 Friがりゅうさん

コメントありがとうございます。
うーん、そうなんですよね。私はそんなに悪くなかったと思うのですが、やはり上映時間が長かったのも原因の1つでしょうか。笑。
posted by:19:47 ナツ []  *edit 

2005.12.16 Fri

そうそうです、最初の1時間が経たない内に一旦見るのやめちゃったんです。
映画にとっては一番大事な導入で失敗してるから、この映画、大ヒットしなかったんですね。
潔癖性というか、その感覚、共感ですね。
たまに、そういうの全然平気で、無頓着な人がいますが、もう許せないです。
posted by:20:52 hiraikun []  *edit 

2005.12.16 Frihiraikun

こんばんは。いきなり宣伝ですが、日記を「ココログ」に移動しました。というか、移動はしてなかった。笑。新規作成しました。詳しくはカテゴリ下の「Weekly natu」へどうぞ。字、でかくしましたよ。かなり見やすくなったと思います。うん。

無頓着な人がかえって羨ましくなる時もあります。あー、いいよなー、なんでこんな汚い公衆トイレに入れるんだろう。と、すっきりした顔をしてトイレから出てきた友人を横目に、青白い顔をして必死に尿意を我慢していた覚えがあります。(汚い話ですいません)あはは。

posted by:22:56 ナツ []  *edit 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/57-9fd3f162

2005.12.15 Thuアビエイター

●手の洗い過ぎには注意しましょう・・・ミルクで洗うのかと予想してたけど違った。 潔癖症がひどくなった患者のドキュメンタリーを見たことあるけど、どうしたらこんなに社交的で大胆なハリウッド監督・航空会社買収・華麗な恋愛遍歴をする男になるのでしょうか?実話なの
posted by:21:09 ネタバレ映画館 

2005.12.15 Thuアビエイター

監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ , ケイト・ブランシェット , ケイト・ベッキンセール , ジュード・ロウ , アレック・ボールドウィン , グウェン・ステファニー , イアン・ホルム , アラン・アルダ , ジョン・C・ライリー 製作国:ア

2005.12.15 ThuDVD「アビエイター」

アビエイター 通常版レオナルド・ディカプリオ マーティン・スコセッシ ケイト・ブランシェット ディカプリオ主演のDVD「アビエイター」を見た。大富豪のハワードヒューズ氏の若き
posted by:21:40 躁うつ病からの脱出日記 

2005.12.15 Thuアビエイター

愛する時と死する時  ボクの本棚には『スコセッシ・オン・スコセッシ』という本がもう十年以上も定位置に収まっている。初版だから今書店に並んでいるものとはカバーが違う。 その本を久々に引っ張り出してみると、手垢で茶色くなっている。スコセッシに関する記事を
posted by:22:33 秋日和のカロリー軒 

2005.12.15 Thu★「アビエイター」

公開初日のナイトショウ(24:00~)で見てきました。いつものチネチッタ・・・1本観ても駐車場代200円で済むからね。初日なので、ディカプリオのナマ写真もらった。本編始まる前にディカプリオのご挨拶ビデオも流れました。今後、日本がらみの映画を作りそうだから
posted by:22:38 ひらりん的映画ブログ 

2005.12.15 Thu『アビエーター』

 すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。★第77回アカデミー賞5部門(助演女優賞・撮影賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞)受賞■監督 マーティン・スコセッシ■キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール
posted by:22:40 京の昼寝~♪ 

2005.12.15 ThuCAC映画評:アビエイター

 70年代から始まったマーチン・スコセッシ監督とロバート・デニーロのコンビは、「タクシードライバー」(1976) 、「ニューヨーク・ニューヨーク」(1977) 、「レイジンブ・ブル」(1980)、「キング・オブ・コメディ」(1983)と数多くの作品を生み出してきた。特に、「"Ar
posted by:22:44 言語生活 

2005.12.15 Thu『アビエイター』

-------今夜の映画は『アビエイター』。ゴールデン・グローブ作品賞受賞作だね。けっこう気に入ってたんじゃない?「そうだね。この映画は映画監督でもあり、飛行家でもあったハワード・ヒューズを描いたもの。主演のディカプリオ念願の企画だったらしい」-------ふうん。そ
posted by:23:03 ラムの大通り 

2005.12.16 Friアビエイター

★本日の金言豆★ビーツ:赤カブのようだが、ホウレン草と同じアカザ科で、サトウダイコン(テンサイ)の仲間。ボルシチには必須。 生まれた時から大金持ちだったら、人間普通ど

2005.12.16 Friアビエイター [浅さ転じて面白さとなした大エンターテインメント。好きな台詞はあった?]

好きな・・・っていうか面白い台詞はありました?私は・・・「ミルクだ。ふたを付けて」マザコン・オコチャマ・ダダッコそしてリッチな男の想像を絶する(色々な意味で)物語本物の感動とは違うが、別な意味で身悶えするほどオモシロイ快作だった。多分、この映画、ハワード・

2005.12.16 Fri「アビエイター」 ( The Aviator )

若き日のハワード・ヒューズをレオナルド・ディカプリオが演じるマーティン・スコセッシ監督の最新作「アビエイター」はWhat a gorgeous! What a tremendous! What a marvelous! とでも思わず形容したくなる本当に豪華絢爛な作品に仕上がっている。今や絶版とな
posted by:09:50 俺の明日はどっちだ 

2005.12.16 Friアビエイター

 L.A.の夜景をキミに贈るから 眺める顔を見させておくれ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・★★★★ 2004 アメリカ 監督:マーティン・スコセッシ“H-4 ハーキュリーズ”が、ハワード・ヒューズという人物そ

2005.12.16 Fri【アビエイター】

若き富豪ハワード・ヒューズの夢は、世界的映画監督と航空家。1930年、莫大な予算をつぎ込んだ映画『地獄の天使』を成功させたハワードは、航空会社を買収し、ライバル社パンナムとの探りあいのなか、軍飛行艇ハーキュリーズの開発に乗り出す。1946年、テスト飛行中に墜落し
posted by:16:44 ただの映画好き日記 

2005.12.17 Satアビエイター

製作国:アメリカ公開:2005年3月26日監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール、ジュード・ロウ、アレック・ボールドウィン、イアン・ホルム、アラン・アルダ2004年度アカデミー賞5部門を受....
posted by:01:19 外部デバイスへの記録 

2005.12.17 Satアビエイター

スケールの大きな映画で力作だと思います。演出も演技も素晴らしいと思ったけど、映画が好きかどうかと聞かれると個人的には「うーん。。。」何が言いたいか!って大きな部分がイマイチ伝わってこなくて。むしろ、ハワード・ヒューズの実際のドキュメンタリー...
posted by:12:31 It's a Wonderful Life 

2005.12.17 Satアビエーター

第2次世界大戦前のアメリカ。親から天文学的な遺産を相続したハワード・ヒューズは、その金力で、映画界に参入。女優たちと浮名を流しながらハリウッドで大成功を納める。同時に航空業界に進出。TWAを買収するものの、国際線の1社独占を目論む世界最大の航空会社パンナ
posted by:18:27 たにぐちまさひろWEBLOG 

2005.12.18 Sunアビエイター

アビエイター プレミアム・エディションアビエイター 通常版アビエイターアビエイター(スコア)アビエイターおすすめ度:★★★★ この映画は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ製作&主演で、銀幕と大空への夢を追い続けた実....

2005.12.20 Tue神経を削られる「アビエイター」

Pause。読売ホール。 ハリウッドでも成功し、飛行機のパイオニアであるハワード・ヒューズの最盛期をレオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシが描く。 レオナルド・ディカプリオは、10代の頃からハワード・ヒューズに魅了され、その映画化の為に自ら制作総指揮に
posted by:19:42 試写会帰りに 

2006.01.03 Tue「アビエイター」劇場にて

ファボーレ東宝で『アビエイター』を観ました。

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。