カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2006.01.14 Sat風の歌を聴け [村上 春樹]

book12.jpg
僕は・君たちが・好きだ。

1970年の夏、海辺の街に帰省した〈僕〉は、友人の〈鼠〉とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、〈僕〉の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。

この本を何度となく読んだ。どうやら内容といったものは存在せず、ただ詩的なのか、夏の中に隠された何かを僕が探し出そうとしているのか、私にはいまだ理解できていない。もしかしたらそんなことは必要とせず、ただ単純に、ひと夏を語りたかっただけなのかもしれない。相変わらず、深く、狭く、壮大な世界が広がっている。ここがスタートかと思うと、今の村上春樹は少し物足りなくも思える。この作品は私の中で印象深く残り、そしてただそれだけのことで、何を書けばいいのか分からなくなる。本当に好むというのは、こんな感じなのだろう。
posted by:00:41 trackback:2 comment:2 

2006.01.14 Sat

はじめまして。
この本が少し物足りないのは、おっしゃる通り何かを言おうとしていないからでしょうね。雰囲気や香りだけが体に残っているという感じでしょうか。
posted by:19:27 今日のジョー []  *edit 

2006.01.14 Sat今日のジョーさん

初めまして。コメントありがとうございます。
いや、私の書き方がおかしかったです。物足りなくはなく、十分満足していると書いているつもりでした。すみません。その「何かを言おうとしていない」については納得です。ただただ詩的なものを感じました。しかし文章が素敵なので、騙されちゃったかな?といった感じです。香りで語れば、残り香で参ってしまったようです。笑。
posted by:23:02 ナツ []  *edit 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/63-70703dfa

2006.01.14 Sat三作品でわかる村上春樹

トラックバック頂き有り難うございます。 取り留めのない記事の多いブログですが、本に関しては時々投稿しておりますので、 宜しければ又お暇な時にご訪問して頂ければ幸いです。
posted by:16:56 BUNMEI BLOG 

2006.01.15 Sun風の歌を聴け (村上春樹)

現時点まででは『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』と『ダンス・ダンス・ダンス』を村上氏の創作力の頂点と考えていますが、これらに迫る魅力を感じさせてくれるのがデビュー作『風の歌を聴け』です。この作品には内的にも外的にも展開らしきものがなくて、描か

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。