カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2006.12.19 Tue空中ブランコ 奥田秀朗 [book]

4163228705.09._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg
人間の宝物は言葉だ。

人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば、、、。ここはどこ?なんでこうなるの?怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。

直木賞受賞作です。前作の「イン・ザ・プール」から続けて読みましたが、やはり段々とインパクトは薄れていくようです。しかしながら私自身が先端恐怖症であり、登場人物であるやくざの猪野誠司の気持ちが痛いほどよく分かり、まるで自分が受診している患者のように読み進めてしまいました。まゆみちゃんの太い注射は絶対に嫌ですけど。笑。
posted by:19:00 trackback:0 comment:0 
 

trackback urlhttp://room1.blog36.fc2.com/tb.php/89-fdb58ec6


Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。