カ ミ ノ コ ド モ タ チ ハ ミ ナ オ ド ル 

home admin rss 

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2006.11.07 Tue人間の条件 森村誠一 [book]

31152644.jpg
煉獄の現世を生き抜くための「人間の条件」とは何か。

片倉宏は結婚相談所のパーティで出会った仁科里美に求婚するが断られてしまう。失意の片倉の自宅周辺で起こったOL殺人事件の捜査に動き出した警視庁捜査一課・棟居刑事は事件解決の手掛かりすら掴めずにいた。そんな時、近所の川で魚が全滅したことに不審を覚え水質調査に乗り出した片倉が、恐るべき生物災害の存在と人為的な細菌散布の可能性を探り当てる。棟居は、片倉と新興宗教「人間の家」に関連した家出人捜査に携わっていた新宿署・牛尾刑事から情報を得てOL殺人事件の背後に潜む「人間の家」の危険な正体に気づく。

1995年3月20日に東京都の地下鉄で、カルト新興宗教のオウム真理教によって毒ガスのサリンが散布された無差別テロ事件を彷彿させる物語。とても救われない。今もまだ胸が痛む。

「オウム真理教が犯した主な事件歴」→......more
posted by:18:23 trackback:0 comment:0 

2006.10.05 Thuルージュ・ノワール 赤・黒 池袋ウエストゲートパーク外伝 石田衣良 [book]

4198613087.jpg
逆転の確率は2分の1。赤か黒。人生の全てを、その一瞬に賭ける。

ギャンブルにはまって借金をかかえる映像ディレクター・小峰渉のもとに、池袋最大のカジノの売上金を狂言強盗する計画がもちかけられる。計画は成功、時給の1億円が手に入ると思った鼻先で金が奪われる。

池袋ウエストゲートパークをまったく知らない私が、外伝から読んでみた。予想以上に面白かった。スピード感がある。内容を理解しやすい。登場人物が個性あるキャラクターなので覚えやすくかぶらない。しかし無駄もある。小峰渉の彼女である香月が、相手に髪を切られただけで、無事部屋にいるシーン。流れ的にどうしても納得できなかった。かなり緊迫したシーンであるだけに、裏の絵を書けていないというのは、とても残念に思う。香月のキャラクターをどう捕らえていいか難しく、重要な役どころなのか、はたまたただの脇なのか、判断ができないままに終わった。しかし小峰渉の最後の賭けは、読み手も観客になることができ、緊張させられる。胸が高鳴り、赤か、黒か、思わず目をつぶりたくなうような文体に打たれる。
posted by:20:47 trackback:0 comment:0 

2006.09.20 Wed白い巨塔 1~5巻 山崎豊子 [book]

4101104336.09._SS500_SCLZZZZZZZ_V1056604943_.jpg

食道噴門癌の手術を得意とする国立浪速大学第一外科助教授・財前五郎は、次期教授を狙う野心に燃える男。一方、財前の同窓である第一内科助教授・里見脩二は患者を第一に考える研究一筋の男。

食道噴門癌の若き権威として高い知名度を誇る財前助教授の元には、全国から患者が集まってくる。その多くは著名な有力者や、その紹介の特診患者。その卓越した技量と実績に裏打ちされた自信と、野心家であくが強い性格の持ち主である財前を快く思わない東教授は、何かにつけて苦言する。財前は次期教授の座を得るために、表面上は上手に受け流すも馬耳東風。次第に東は他大学からの教授移入を画策し始める。母校・東都大学の船尾教授にしかるべき後任者の紹介を依頼、寡黙な学級肌の心臓外科医金沢大・菊川教授の推薦を受ける。菊川が大人しい性格である上に独身であることに目をつけ、引退後の影響力の確保をもくろむ。また、普段から一匹狼の気があり、財前を嫌う整形外科・野坂教授は、皮膚科・乾教授や小児科・河合教授と共に、第三派閥の代表となるべく独自の候補者として財前の前任助教授だった徳島大・葛西教授を擁立。それらに対し、財前は、産婦人科医院を開業している岳父・又一の財力と人脈をバックに、ツーカーの間柄にある医師会長を通して鵜飼医学部長を篭絡。鵜飼派の地固めを狙う鵜飼もこれを引き受け、腹心の産婦人科・葉山教授を通して画策に入る。一方で財前は医局長の佃を抱きこみ、医局内工作に乗り出す。

教授選考委員会では書類審査の結果、候補者は財前・菊川・葛西に絞られる。その後は派閥間の駆け引きや札束が乱れ飛ぶなど、与党の総裁選のような熾烈な選挙戦が展開される。投票当日、開票の結果は財前12票と菊川11票で両者とも過半数を占めることができず、という異例の決選投票にもつれ込んだ。鵜飼は、白熱する教授戦を憂慮した大河内の「即日決戦」を強引に退け、期日を1週間後に延ばす。その間、野坂の握る7票(葛西の得票数)をめぐり、実弾攻撃主体の財前派と、ポスト割り振り主体の東派が水面下で激しい攻防戦を繰り広げる。菊川のもとに行き立候補を辞退せよと強要したり、大河内にまで賄賂を送ったりするなど、なりふり構わぬ財前派。反省の色も無い財前に、東は「決選投票はまだだが、君との人間関係はどうやらこれで終わったようだ」と通告。大河内は財前派の実弾攻撃を激しく憤り、教授会の席上で暴露するが、決選投票では財前が菊川を2票差で制する。勝利に沸く鵜飼派。東は退官の後、近畿労災病院の院長に就任した。

教授に就任した直後、財前はドイツ外科学会から特別講演に招聘され、得意の絶頂に。そんなさなか、里見から相談された胃癌の患者・佐々木庸平の検査、手術を担当するが、保険扱いの患者で中小企業の社長であることから高圧的で不誠実な診療態度に終始。胸部レントゲン写真に映った陰影を癌の転移巣ではなく結核の瘢痕と判断、多忙を理由に受持医の柳原や里見の進言を無視して術前の断層撮影検査を怠り手術。術後に容態が急変しても、癌性肋膜炎を術後肺炎と誤診し、受持医の柳原弘に抗生物質「クロラムフェニコール」の投与を指示したまま一度も診察せぬままドイツに出発。しかし、その後患者は呼吸困難を起こし、手術後21日目に死亡する。里見の説得で遺族は病理解剖に同意し、その結果、死因は術後肺炎ではなく癌性肋膜炎であったと判明。遺族は財前の不誠実な態度に加えて大黒柱を失ったことで民事訴訟を決意する。里見はそのことを財前に知らせるべく欧州に電報を打つが、財前は無視する。

ドイツにおける外科学会での特別講演、ミュンヘン大学における供覧手術など国際的な外科医として華々しくデビューし、栄光の絶頂を味わって帰国した財前を待ち受けていたのは、「財前教授訴えられる」という毎朝新聞のゲラ刷りであった。失意のまま密かに帰阪した財前は鵜飼宅に直行。一時は鵜飼からも見限られかけた財前だが、巧みに説得して関係を修復し、老練な弁護士・河野に代理人を依頼。受持医柳原や金井助教授など病院関係者工作に加えて医学界の権威に鑑定人を依頼する。一方の遺族側も正義感あふれる関口弁護士に依頼。里見、東の助力で鑑定人を立てる。 裁判では、「外科手術に踏み切った根拠に必要の度合を超えるものがあったかどうかが問題。仮に術前検査を怠った結果患者が死に至ったのであれば臨床医として軽率だったといわざるを得ない」という大河内の厳正な病理解剖鑑定や里見の証言などにより被告側(財前)のピンチになるが、鵜飼医学部長の内意を受けた洛北大学・唐木名誉教授の鑑定、受持医の柳原の偽証(裁判所には全面的に採用されなかったが)もあって第一審で勝訴。判決文によれば、財前の道義的な責任を認めながらも、極めて高次元なケースで法的責任は問えないという理由であった。一方、原告側の証人として真実を証言した里見は山陰大学教授という報復人事を蹴り、浪速大学を去ることに。

敗訴した遺族は捨て身の控訴に出る。里見は、世論を恐れた鵜飼が辞表を受理せず中途半端な立場においた為に日々悶々としていたが、恩師大河内の計らいで近畿がんセンター第二診断部に職を得る。一方の財前は特診患者の診療に忙しい日々を送っていた。ある日、医局で抄読会を開いていた財前の元に、鵜飼から学術会議会員選挙出馬の誘いが来る。これは、内科学会の新進気鋭である洛北大学・神納が学術会議戦に立候補する為、これを財前を利用して叩き、体面を失わせることで学会における自分の地位を確保しようというのが狙いであった。財前は結局それを引き受けて裁判、選挙両方共に勝利しようと野望を覗かせた。

控訴審に備え、財前は最重要証人の柳原に市内の老舗薬局の令嬢との縁談(今で言う逆玉)や学位をえさに工作。しかし、柳原は一審の判決以来、良心の呵責に苦しんでいた。また、原告側弁護人や里見たちの努力により、控訴審は予断を許さない状況になりつつある。 原告側は里見の助言で胸部検査の重要性や化学療法などの新たな展開が生まれたのだ。

佐々木の遺族は裁判途中に、大手元売による「真珠湾攻撃(強引な債権回収手段のひとつ。相手の油断している日曜の早朝などを狙って押しかけ、納入した品物を回収すること)」もあって経営に行き詰まり、遂に倒産の憂き目に会う。一家はそれでも、「せめて裁判で勝訴するまでは商売を続けたい」という執念により船場の一角にある共同販売所に入って細々と商売を続けることになる。

選挙、裁判のためか体調の優れない財前だったが、疲労の蓄積だろうと多忙の日々に没頭するあまり、癌の早期発見の機会を逸してしまった。そんなある日、上本町駅で偶然里見は財前に出会い、「学術会議選など学者にとって何のプラスにもならない。君は疲れ過ぎている」と助言をするが、財前は一蹴。

選挙は野坂による票の横流しなどで窮地に立つが、得意の裏取引や、第三の候補者を引き下ろすなどの強引な運動もあって勝利する。しかし、裁判は大詰めの当事者尋問の時に、関口の鋭い尋問で窮地にたった財前は柳原に責任転嫁。 「嘘だ!」 柳原は将来のポストも縁談も捨て傍聴席に走り出て、遂に真実を証言する。さらに、舞鶴に飛ばされた抄読会元記録係・江川が、決定的な証拠となる記録を持ち出した。柳原は過去の偽証を悔い、残りの人生を人のために尽くそうと、高知の無医村に去る。

結果、裁判の判決は財前側の敗訴だった。「最高裁に上告する」と息巻いた財前は、その直後突然倒れる。

翌日、最高裁へ上告したすぐ後に、極秘で金井助教授が行った透視では胃角部に進行癌が発見され、鵜飼の指示により金井は胃潰瘍だと財前に伝えた。
しかし胃潰瘍との診断に納得しない財前はひそかに里見を訪問。内視鏡検査を受ける。癌であることを隠して一刻も早い手術を勧める里見に、財前は「本当は東に執刀して欲しい」と漏らす。口添えを依頼された里見は東を説得、東も過去の因縁を忘れて財前を救おうとする。だが、東による手術が行われた際、財前の胃癌は肝実質に転移しており、もはや手遅れであった事が判明した。

東は体力を温存すべくそのまま縫合。何とか救いたいという里見の熱意により、5-FUによる化学療法が術後1週間目から受持医となった金井助教授により開始される。最初は奏効して食欲不振が改善されたが、術後3週間目に入って副作用である下痢が起こったため金井は投与を中止。その上、ついに黄疸が出て、財前は金井を問い詰めるが納得が行く回答を得られない。疑問に思う財前は、どうしても真相を知るべく里見の来訪を請う。

里美が訪ねてきたとき、財前は「癌の専門医が自分の病状の真実を知らないでいるのはあまりにも酷だ」と真実を告げることを懇願、里見も財前が真実を知っていると知った。翌日から財前の病状は急変し、術後1ヶ月目に遂に肝性昏睡に陥る。うわ言の中で、自分の一生を振り返り、患者を死なせたことを悔いつつも、最高裁への上告理由書と大河内教授への自らの癌所見書を残して財前は最期を遂げる。当時、胃癌は癌の死亡原因第1位だった。

素晴らしいの一言。医学に関しまったく素人の作者が、これだけレベルの高い知識を、これだけの長編に渡り書きえたことに、ただただ脱帽する。濃密な内容に引けをとらない描写力。全て読み終えた後、これほどに余韻を引きずる作品が他にあるのだろうか。財前はとても哀れな男だったが、なぜか憎みきれない。それは作者が財前を愛しく描いているからだろう。私はすっかり、フィクションだということを、忘れてしまっていた。それほどのめり込む。心に詰まる。
posted by:20:05 trackback:1 comment:0 

2006.05.09 Tue魔術はささやく 宮部みゆき [book]

4101369119.09.LZZZZZZZ.jpg
「もしもし?聞こえてるかい?今夜は霧じゃなくて雪だ」

それぞれは社会面のありふれた記事だった。1人めはマンションの屋上から飛び降りた。2人めは地下鉄に飛び込んだ。そして3人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた3つの死。さらに魔の手は4人めに伸びていた。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。

私にとって初めての宮部作品。無我夢中で読んだ。

最後の最後に「魔術はささやく」という題名の意図がわかった気がした。少年がたった1人で事件に立ち向かう姿は思わず応援したくなる。もう何も言うことはない。とにかく面白かった。心地のいい緊迫感。たまに訪れる恐怖。これほどスムーズに浮かび上がるものなのかと驚く。全ての景色、人物、個性。人間味あふれる心の描写。何一つ引っかかることなく私に入り込んだ。すでに私は完璧なる宮部みゆきのファンだ。これからも読んでいきたい。さて2冊目は。
posted by:22:10 trackback:0 comment:0 

2006.05.07 Sun椿山課長の七日間 浅田次郎 [book]

20060507223027.jpg
やり残したことが多すぎる。このまま“成仏”するわけにはいかない。

激務がたたり脳溢血で突然死したデパートの中年課長が、たった7日間の期限つきで現世に舞い戻ってくる。ただしみずからの正体を明かすことは許されず、39歳の独身美女の姿を借りているため、行く先々で珍騒動が巻き起こる。家族に、仕事に、やり残したことをやり遂げ、主人公は無事成仏できるのか。行動をともにするやくざの組長と小学生の物語をからめつつ描かれる。

最初は面白く入っていく。そして中だるみし、最終的にやっと終わったかといった感じ。やたらごちゃごちゃしているが、それが気持ちのいいように解かれない。だったらむしろシンプルに、主人公椿山だけの物語が読みたかった。もっと現実的に。いや無理なのは承知で。笑。
posted by:22:40 trackback:0 comment:0 

2006.04.23 Sun嫌われ松子の一生 山田 宗樹 [book]

4344009142.09.LZZZZZZZ.jpg
一人の女性の生涯を通して愛と人生の光と影を炙り出す。

東京の片隅で伯母・松子が殺された。そのアパートを引き払う手続きを頼まれた川尻笙は、恋人が妙に関心を持ったこともあり、嫌々ながらも引き受ける。今までその存在すら知らなかった松子伯母の人生に段々と興味をもちはじめた笙は、彼女の謎に包まれた人生を調べはじめる。

最終的に現代と過去をクロスした意味がなかったように感じ取れた。この先にいったい何があるのだろう?という期待感を高める前振りが長かったため、印象に残らない終わり方をしてしまったのがとても残念。ただ松子という女性は私の中でリアルに生きた。それが中谷美紀だったということも十分に関係する。笑。いや美しい。映画公開日が待ち遠しい。
posted by:16:52 trackback:5 comment:6 

2006.04.17 Monチーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン [book]

459403019X.09.LZZZZZZZ.jpg
もし恐怖がなかったら何をするだろう?

変化は吉にも凶にもなり得る。それはあなたの考え方次第である。本書は「チーズ」の本質とそれが人生で果たす役割を理解すれば、誰しも変化をありがたく思うようになるだろうと呼びかける。

これは世界を迷路になぞらえた寓話である。そこには4つの生き物が暮らしている。スニフとスカーリはネズミ。分析力も判断力もない彼らは、ただやみくもにチーズを求め、手に入れるためならどんなことでもしようとする。ヘムとホーは「小人」で、ネズミサイズの人間だ。彼らのチーズに対するかかわり方は、ネズミたちとはまったく違う。2人にとってチーズは単なる食べものではなく、自己イメージなのだ。彼らの生活や信仰のシステムは、見つけたチーズを中心に形成される。

読み進めるうちに、この物語の中のチーズとは、我々の生活手段、たとえば仕事や職歴、仕事で携わっている産業に関係があると、ほとんどの読者が気づくはずだ。そればかりでなく、チーズは健康から人間関係にいたるまであらゆるものの象徴と受け取れるのである。この物語の要点はすなわち、「我々はいつもチーズの変化に敏感でなければならず、チーズがなくなったときに新しいチーズを求めてすぐさま行動を起こせる姿勢でなければならない」ということなのである。

ドクター・ジョンソンは多数の著書を持ち、『The One Minute Manager』の共著者でもある。この寓話は、変化を恐れたり反発したりする人々がいそうな場所、たとえば企業、教会団体、学校、軍隊組織などに向けて発信されている。分析好きで懐疑的な読者のなかには物語が単純すぎるとする向きもあるだろうが、本書の素晴らしさは、94ページ足らずで万物の変遷の歴史をまとめ上げてしまった点である。物事は変化する。これまでもそうだったし、これからもずっとそうだ。そして変化への対応方法が人それぞれ異なる限り、変化に気づかないふりをしている者はいつも同じ目をみることになる。チーズがなくなる、という憂き目を。

この小さな本が世界のビジネスマンを変えてゆく!迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人。彼らは迷路をさまよった末、チーズを発見する。チーズは、ただの食べ物ではなく、人生において私たちが追い求めるもののシンボルである。ところがある日、そのチーズが消えた!ネズミたちは、本能のままにすぐさま新しいチーズを探しに飛び出していく。ところが小人たちは、チーズが戻って来るかも知れないと無駄な期待をかけ、現状分析にうつつを抜かすばかり。しかし、やがて一人が新しいチーズを探しに旅立つ決心をする。

まず私は読みながら自分のチーズを探すことから始めた。一番最初に浮かんだのは「お金」、続いては「仕事」、そして「大切な人」。すべてがチーズに当てはまるような気がしたとき、次はどの登場人物になるのかと考えた。私は間違いなくヘムだ。変化を怖がり、そこに恐怖してしまう。変わらないことが何よりも幸せだと考え、変化は何かの間違いだと思い込んでしまう。恐怖がそこに無いのならば、私はここにいないだろう。
posted by:22:03 trackback:2 comment:2 

2006.02.27 Mon知識ゼロからの金儲け 島田神助 [book]

4877289704.09._PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
専門家の言葉はようわからん!

株歴20年、不動産マニアの島田紳助が、身銭を切り続けた切実な経験をもとに「お金の基本」と「経済用語の本質」を大胆解説。キビシイ時代に金儲けをするための経済入門書。

とても読みやすく書かれているが、一つまみ、一つまみ上げの印象を受け、重要な問題に押し迫る箇所が少なくも感じる。目次を少なく、目的を搾りこみ、内容の濃さを求める。実のところ金儲けについては何も書かれていないのかもしれない。またそこが面白いのだけれど。
posted by:21:47 trackback:0 comment:4 

2005.12.14 Wed人のセックスを笑うな 山崎ナオコーラ [book]

book9.jpg
19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかむいとしさが、オレを駆り立てた。

この小説は恋愛小説です。受けた印象はとても文章がシンプルだということ。特にこれといった山場も無く、淡々と読み進める事ができた。読みやすい読みにくいで言ったら読みやすいけれど、一度読んだらもう読まなくてもいいと思わせる作品でもある。何が残るかといえば何も残らないし、後にも響かない感覚を受けた。文体とともにさっぱりとした物語。

これが恋なのかも、もはやわからなかった。
ただ身近にいる人に優しさを注ぎたいだけなのかもしれない。
ユリとずっと一緒にいるのだ、と思うそばから、
オレの運命の女は他にいる。それまでの繋ぎだとも、思う。
べつに愛というのではなく、ただの執着だとも、思う。
燃えている火はいつかは消えるものだ。
それゆえに、燃やさずに燃やさずに静かに仲良くいられないものか、と願う。
posted by:11:33 trackback:3 comment:0 

2005.12.12 Mon草木塔 種田山頭火 [book]

book17.jpg
若うして死をいそぎたまへる母上の霊前に本書を供へまつる。

疲れました。でも書きながら再度読むことができて、読むと、書くと、また違った受け取り方ができたような気がします。「鉢の子」とは托鉢の僧侶がその中にお米やお金を喜捨してもらう器で、ふつう「鉢」というらしいのですが「子」を付けて呼ぶのは親しみをこめているらしいです。私なりに山頭火という人物を考えてみました。相当な酒好きと見た。山頭火は24歳に自ら酒蔵を買収し酒造業を始めているし、それよりなによりも、泥酔して進行中の電車を止めてしまったらしい。しかもこれは旅に出る2年前の出来事。もしここでまかり間違って亡くなっていたとしたら、山頭火の草木塔はなかった。そう思うと少しはらはらさせられる。この草木塔に書かれている数々の言葉は言うまでもなく美しい。「分け入つても分け入つても青い山」ここまでの行もあるが、ここでの美しさは誰もが感じると思う。そこには青く美しい山々。素晴らしい。そしてその後、寂しさつのる。

「鴉啼いてわたしも一人」
「まっすぐな道でさみしい」
「どうしようもないわたしが歩いてゐる」

切ないが、私は羨ましい。山頭火は泣いたのだろうか。旅の途中、何度泣いたのだろうか。旅をしながら当然のごとく歳もとる。そこにもまた切なさを感じた。が、私は何故だか羨ましい。寂しさもあるだろうが、自分と向き合える。自分と会話が出来る。その永遠の時間がある。

鉢の子→......more
posted by:13:59 trackback:0 comment:0 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。